ナーシングホームOASIS 運営理念

   運営理念の策定に当たって

     
    イノベーション
    生活の新しい切り口を見つけ、新たな行動を支援します。
    健康増進
    精神的・身体的に安定した生活を基に、QOL向上を目指します。
    居心地の良い空間
    自宅のように自由で、病院のように安心な環境を作ります。
    充実した医療
    24時間の看護連携により、亜急性期にも対応します。
    選択の自由
    尊厳を守り、自己決定に寄り添います。
    エンドプランニング
    もうどこにも行かなくてよい、自分らしく暮らし続けられます。
   


また、私たちが追求しているケアモデルを以下に示させて頂きます。


   ナーシングホームJAPAN・ナーシングホームOASIS
 ケアの質多様素モデル


観察可能なナーシングホームのケアの質
(ナーシングホームケアの質の多様素モデル~消費者と提供者の視点から)

 1 家庭 ここが家庭である。
地域、ボランティア、子供達、ペット、植物の存在
家庭での優先順位「入居者と家族」

 2 ケア 基本的ケアの実施
入居者の身体や財産の損失を最小限に抑える。
個別的ケアの実施
入居者と人として向き合う
入居者と共に活動参加する

 3 職員 十分な数の職員
低い離職率
十分な監督、訓練の実施
ケアの遂行
十分な給料と職員補充雇用計画の実施
呼べばすぐ応え、思いやりがあり、清潔で身だしなみの良い職員

 4 環境 清潔
臭気がしない
騒がしくない
広々としている
庭園は魅力的で入りやすい
良好な採光、窓が多く外が見える
滑らない床
安全で楽しい

 5 コミュニケーション 入居者のニーズと好き嫌いに応じたケアを保障するコミュニケーションシステム
入居者との肯定的コミュニケーション
職員が実際に入居者と会話する、時間をかけて会話する

 6 家族の関与 利用者のそばにいる
最後まで職員にケアを任せる
家族への助言
地域的活動


以上をナーシングホームJAPAN、ナーシングホームOASISで活動する全てのスタッフに義務付けています。

私たちは、ひとつひとつの言動、行動に責任を持ち、ナーシングホームケアの質を向上させていきます。

Copyright(c) 2013 NursinghomeOASIS. All Rights Reserved.